blog

遺言書の種類

遺言には大別すると 4 種類あり、それぞれ方式が定められています。

  1.  自筆証書遺言
    自筆によって作成したもので、遺言者がその全文、日付および氏名を自書し、これに印を押さなければなりません。
    自筆証書遺言は、手軽で費用もかかりませんが、紛失や偽造・変造の危険性もあります。
  2. 公正証書遺言
    公証人が作成する遺言状で、以下の方式に従わねばなりません。

    ・証人 2 人以上の立会いがあること
    ・遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること
    ・公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせること

  3. 秘密証書遺言
    遺言者が遺言(証書)を書き署名捺印をして、通常、封筒に入れて閉じ、証書に用いたのと同じ印で封印します。
    これを公証人 1 人および証人 2 人以上の前に提出し、自己の遺言書である旨ならびにその遺言者の氏名および住所を申述します。
    公証人は日付および申述(氏名および住所)を封紙に記載します。
  4. 特別方式の遺言
    特別方式の遺言には、㋑死亡危急者の遺言、㋺伝染病隔離者の遺言、㋩在船者の遺言、㋥船舶遭難者の遺言があります。

 

 

遺言に関するトラブル

自筆証書遺言で問題となるケースは、次の通りです。

  1. ワープロやパソコンで書かれたもの

    自筆証書遺言は全文を自筆で書く必要があり、この場合は遺言としての効力はなく無効です。代筆の場合も同様です。

  2. 日付が「平成○年誕生日」となっているもの

    日付および氏名は自署する必要があります。しかし、日付は書いた日が特定できればいいので、この場合は有効です。

  3. 署名が通称やペンネームのとき

    本人と同一性が認められれば有効です。

  4. 押印が拇印のとき

    指印でも有効との判例があります。印は実印でなく認印でも構いません。

  5. 遺言書が 2 通出てきたとき

    後の遺言が有効となります。先の遺言書が公正証書で後の遺言書が自筆証書による場合も同様です。
    後の遺言で先の遺言を取り消したことになるからです。